背中にきびの原因は何なの?

背中にきびの原因は何なのでしょうか。色々原因がありそうですね。

背中にきびも顔にきびと基本的には変わらないんですね。
にきびができる原因のひとつが皮脂が溜まって、最近で腐敗してできる場合が多いので、気をつける必要があります。

皮脂を出す皮脂腺が多いのは、顔以外では背中と胸なんです。従って、背中には顔にきびと同じように、背中にきびができやすいのです。

皮脂腺が多い人は、皮脂穴、つまり毛穴が詰まりやすいんですね。毛穴に皮脂が溜まり、老廃物や汚れが溜まると炎症や色素沈着を起こしてしまいます。

背中は体の中でも汗をかきやすい場所なんです。ですから、汗を放置したままだと、毛穴が詰まりやすく、結果、背中にきびができやすいんですね。

にきびのできる原因に、ストレスによるホルモンバランスの崩壊などもありますが、皮脂の分泌が過剰になると、皮脂腺が多い背中に背中にきびができやすくなるんです。

女性は入浴時のシャンプー、リンス、トリートメントの洗剤の成分にも気をつけたいです。使用方法に工夫をすることも必要です。

シャンプー、リンス、トリートメントなど、きれいに洗い流さないと、残りが毛穴に入り込んで、汚れ、細菌が影響して、背中にきびができてしまうんです。

背中にきびのできる原因に、紫外線の影響もあるんですね。
露出がおおい季節に、背中に紫外線を大量に浴びると、紫外線で日焼けして、皮脂の角化が進んでしまい、背中にきびができやすくなります。

紫外線対策は色素沈着を防ぎ、背中にきびの予防にもなるんですよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。